貸事務所の契約をスムーズ【相場などを事前に確認】

業務拡大で広さを変更可

メンズ

一般的な貸事務所と比較

新たに起業をする、そうなった時に考えなければならないのは固定費用です。固定費用の中でも最も高いのが賃料です。コストをかけないのであれば自宅で開業をすることですが、自宅を事務所として開業するデメリットはプライベートとのメリハリがつかない、商談相手や顧客を自宅に招き入れることになりますのでプライベート空間に招き入れることになる、家族がいるのであれば来客中は静かにしておくようにと言っておかなければならないなど、何かと気苦労になります。それであれば、レンタルオフィスならコストを抑えて借りることができます。東京都内でも一般的な貸事務所を借りるとして、相場の高いエリアは渋谷、青山、銀座といったエリアですが、そのような地域であってもレンタルオフィスであれば圧倒的に低コストで利用できます。渋谷、青山、銀座のエリアは今後も貸事務所の賃料相場は上昇傾向が続くことが予想されますから、ネット回線、電話、コピー機、椅子、机などのインフラが最初から整っているレンタルオフィスなら低コストで開業することができます。また、事業拡大してくれると借りたレンタルオフィスのスペースが手狭になってくることがあります。青山のエリアで借りたなら、他の広いところで事務所を探す、せっかく青山で開業して軌道に乗って来たのにとなりますが、レンタルオフィスは同じビル内で広めのスペースに部屋を変更することもできます。住所も変更手続きもしなくてもいいので便利です。

Copyright© 2018 貸事務所の契約をスムーズ【相場などを事前に確認】 All Rights Reserved.