貸事務所の契約をスムーズ【相場などを事前に確認】

初期費用が安い

男性と女性

一等地の住所が取れる

開業をするために事務所を借りると、契約時にかかるお金として敷金、礼金、仲介手数料がかかり賃料の半年から12ヶ月分はかかるとされています。例え賃料10万円の事務所だとしても初期費用として100万円近くはかかります。さらに、内装工事の費用や引越の費用、家具・家電を購入する費用などがかかります。それが、レンタルオフィスであると青山の都心エリアでも入会金や保証金、共益費などを含めても賃料の2〜3ヶ月程度が相場なので初期費用を抑えて利用することができます。また、内装に関してですがビジネスに必要な最低限のものは用意されています。電話やインターネット回線、OA機器などもあります。電話やインターネットなどは、事務所を借りたとしても回線工事をしなければなりませんので、使えるようになるまで時間がかかります。それが、レンタルオフィスであれば入居した即日利用可能です。また、自宅開業と比べるとレンタルオフィスは青山など駅近くにありアクセス良好なロケーションにあります。レンタルオフィスの住所で電話番号を取れたり、法人登記をすることができるので、住所に青山が入ることでブランド性や信頼性も増すことになります。インターネットで、レンタルオフィス、青山と検索すると多くのレンタルオフィス業者が検索結果として表示されます。それぞれ賃料が異なるのは当然ですが、サービス内容、設備なども異なります。サービスも豊富にありますので、利用目的に合ったレンタルオフィスを選ぶことです。

Copyright© 2018 貸事務所の契約をスムーズ【相場などを事前に確認】 All Rights Reserved.