Word Press

Word Pressブログで必須のアクセス解析ツール【Google Search Console】を理解しよう。

ブログ集客で必須のアクセス解析ツール【Google Search Console】の説明

ブログを作成して集客するために必要なGoogle公式のアクセス解析ツールである

Google Search Consoleについて解説していきます。

 

Googleサーチコンソールと読みます。(旧:ウェブマスターツール)

 

感覚的に理解していくので基本的に使う部分だけをまず理解してください。

 

ユーザーがどの検索ワードでブログに訪問してきたのか、攻略していくと放置していてもある集客できるブログを作る事ができます。

 

Google Search ConsoleはGoogle検索からのアクセス解析ができる、

サーチコンソールやサチコと呼ばれる無料で提供される外部からアクセス解析ツールです。

 

自分のサイトはどんな検索ワードで訪問したかのか
キーワード検索で何回ユーザーに表示されたかのか
訪問ユーザーから何回クリックされたのか

 

ブログ訪問前のユーザーの心理から訪問理由がわかります。

 

設定をしてください。

Google Search Consoleの主な機能

検索結果でどんなキーワードで検索されたかわかる

Google Search ConsoleはGoogleで検索結果で自分のサイトのパフォーマンスを監視、管理などができる無料の便利ツールです。

 

ここでの情報がサイト改善や記事作成の役に立ちます。

Google Search Consoleの機能

  • クリック数
  • クリック率
  • 掲載順位
  • クエリ(ユーザーがサイトを検索した時に入力した単語)
  • 被リンクの情報

 

新しい集客記事のキーワードを探したり

アクセス数の少ない記事をリライトするのに役立ち

SNSや誰かのブログからリンクが貼られたか被リンク元もわかるようになります。

 

Google Search Console アカウント作成

Googleサーチコンソール設定1手順

ここからアカウントを作成していきます。

 

Google Search Console

 

Google Analytics (グーグルアナリティクス)というアクセス解析ツールも導入するので、

共通のGmailアドレスを登録すると管理しやすいです。

 

別の記事でCocoon用の簡単なサーチコンソールの確認方法も書いたのですが、プロパティの所有権の確認方法が違うだけなのでどちらの確認方法でも問題ありません。

 

Coccon簡単設定

Wordpress無料テーマCocoonでの簡単設定Google Search ConsoleとXMLSitemapの紐ずけ方法を解説
WordPress無料テーマCocoonでの簡単設定【Google Search Consoleとのプロパティ確認方法】

WordPressで作成したサイトやブログのアクセスを解析したり、サイトマップを設定(サイトの構想を説明)するために必要 ...

WordPressテーマがコクーンの場合はこちらの記事もみてください。

 

Cocoonでプロパティ確認が完了している方は

Google Search Consoleの使い方までスキップして大丈夫です。

 

Google Search Console プロパティ確認方法

Googleサーチコンソール DNSレコードによるプロパティ確認

 

この画面に切り替わると思うのです、google-site-verification=ooooという箇所を全てコピーしてください。

 

Googleサーチコンソール DNSレコードによるプロパティ確認方法でもし画面を消してしまった場合

 

設定→所有権の確認からドメイン名プロバイダと進めるとタグ発行方法までいけます。

 

WordPressブログとサーチコンソールのプロパティ確認(紐ずけ作業)をしないと利用する事ができないのでサーバー側に設定していきます。

 

DNSレコードでの確認方法で行います。

 

DNS設定の項目は必ず存在するはずですが、

今回はConoHa Wingサーバーでの設定方法になります。

 

こちらからConoHaサーバーにログインしてください。

https://www.conoha.jp

 

Googleサーチコンソール ConoHaサーバーでのDNSレコードによるプロパティ確認方法の手順1

DNSをクリックします。

 

Googleサーチコンソール ConoHaサーバーでのDNSレコードによるプロパティ確認方法の手順2

ドメインを選択してください。

 

Googleサーチコンソール ConoHaサーバーでのDNSレコードによるプロパティ確認方法の手順3

 

選択したあとはペンマークの編集をクリックしてください。

 

Googleサーチコンソール ConoHaサーバーでのDNSレコードによるプロパティ確認方法の手順4

ここに先ほどコピーしたコードを入力していきます。

 

step
1
クリックしてTXTを選択してください。

step
2
自分のドメインを入力してください。

step
3
空欄でOK

step
4
サーチコンソールでコピーしたコードを貼り付けてください。

 

保存して完了です。

 

Googleサーチコンソール DNSレコードによるプロパティ確認

確認をクリック。

 

 

Googleサーチコンソール ConoHaサーバーでのDNSレコードによるプロパティ確認が完了

 

この画面に切り替われば確認が完了です。

 

これでWordPress(正確に言えばサーバー)とサーチコンソールの紐ずけができた事になります。

サーバーで確認を行った場合はWordPress側でテーマをリセットしても設定が消える事はありません。

 

 Google Search Consoleの使い方

 Google Search Consoleの使い方を説明

これでブログ解析できるようになりました。

 

よく使う機能

  • 検索パフォーマンス
  • URL調査
  • インデックス確認
  • リンク調査

このあたりをよく使います。

  1. 記事を書く
  2. インデックスされるのを待つ
  3. 記事に対してのキーワード検索を調べる
  4. リライトor関連記事を作成
  5. 記事を書く

の繰り返しでブログの質を高めるコンテンツを増やしていきます。

 

Google Search Console   検索パフォーマンス

別ブログのサーチコンソールのアクセス数

別のブログのスクショです。かなり迫合いの低いキーワードで戦っていますが利益はあります。

クリック数、 表示回数、検索クエリ、Googleでの検索ランクなどが一目で直感的にわかると思います。紐ずけされて情報が反映されだしても最初はデータが少ないのであまり面白くありません。

 

ブログを書くようになったら最初は気にしなくてもいいと思います。

新規ドメインの場合はインデックスされるまで自然検索に関する情報が少ないので

1ヶ月ほどすると解析ができるようになります。

 

Google Search Console URL調査

URL調査を選択すると上の方にこの画面が現れ、ここに記事のURLを入力するとインデックスされているかどうかが判断できます。

 

サーチコンソール URL調査2

 

こんな感じで確認できますが、これだけです。

 

ちゃんとGoogleの検索エンジンに反映されていますよーって事

 

Google Search Console インデックス

 Google Search Console インデックス

ここもインデックスが正常にされているかエラーがないかなどが判断できます。

 

削除という項目は必要のない記事のURLをGoogleの検索から除外する事ができます。

 

最初は必要ないと思うのですが記事が増えてきて特定の記事にアクセスが全然なかったりユーザーの役に立っていない記事と判断した場合に削除したいと思った時にGoogleに対して申請する事ができます。

Google Search Console   リンク

Google Search Console   リンク

ここもかなり面白い解析部分です。

 

  • 外部からリンクされている記事の順位
  • 内部からリンクされている記事の順位
  • 上位のリンク元
  • リンク元テキスト

 

サイトの運営で最初は外部リンク(被リンク)はつかないので何もヒントにならないのですが、運営していくうちに自分のサイトが紹介してくれている!など判断ができるようになるので面白いです。

 

僕の場合はリンクしてくれているサイトで有益そうならコンタクトをとったりしています。

 

とくに最初は着目しなくてもいいのかなーという感じです。

 

アクセス解析のまとめ

アクセス解析のまとめ

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の使い方でした。

 

サーチコンソールはあなたのサイトの外部からのアクセスを解析するためのツールで無料なのにかなり使える解析ツールなんですね。

 

そして、Google Analytics (グーグルアナリティクス)という解析ツールも同時に使っていく事になるのですが、アナリティクスは外部から訪問してきたユーザーがサイト内でどのような動きをしているのかを把握する事ができるGoogleのアクセス解析ツールになります。

 

双方とも最初は情報量が少なくデータ解析があまりできないので、

とりあえず導入ぐらいに考えておいて大丈夫です。

 

一番大切なのは自分の狙うユーザー役立つブログの作成になるのでサイトテーマに合わせたキーワードを考えてたくさん記事を作成する事を目標にしてくださいね。

オススメ

-Word Press
-, ,

Copyright© apr-inc【ネットビジネスを反則的に加速させる】 , 2020 All Rights Reserved.